ロシア映画ファンサイト最新情報

ロシア映画ファンのための最新情報満載!

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 白夜映画祭 III | DVD「ニーナ・アナニアシヴィリ」発売! >>

日本・ロシア同時発売! 和楽CD、HIDE-HIDE「nostalgia」

HIDE-HIDE「nostalgia」 尺八と三味線のユニット「HIDE-HIDE」の2ndアルバム「nostalgia」が、8月7日、日本とロシアで同時発売された。このアルバム は、「運命の皮肉」などの音楽で知られるロシアの作曲家、ミカエル・タリヴェルディエフの作った映画音楽の中から厳選した12曲をHIDE-HIDEの尺 八と三味線で演奏したもの。
 ロシア民謡にも通じる哀愁を帯びたタリヴェルディエフの旋律にのせて、日本独特のワビ・サビの境地をも醸し出し、和洋を超越した「癒し」の音色を奏でて いれる。同時に、HIDE-HIDEの現代的で躍動感溢れる演奏は、和楽器の枠を超えた、新たなジャンルのインストゥルメンタルとしての音楽的興奮を存分 に堪能させてくれることだろう。

 発売日:2009/08/07
 Label:Heart
 品番:TMPF-3005
 定価:¥3,000(税込)
 企画制作・発売元:東映音楽出版株式会社(株)
 販売元:(株)アメイジングD.C



HIDE-HIDE 2ndアルバム「nostalgia」収録曲

映画「春の17の瞬間」
1.nostalgia
   映画「春の17の瞬間」(1973年)より"遠い祖国の歌"

2.アンジェラのバラード
   映画「鹿の王」(1969年)より

3.ジョーカーの涙
   映画「愛の予感」(1982年)より

4.いとしい女(ひと)はどこへ
   映画「運命の皮肉」(1975年)より

5.チホレツク へ
   映画「運命の皮肉」(1975年)より"列車"

6.ただむなしいだけ
   映画「運命の皮肉」(1975年)より
 
映画「運命の皮肉」7.Japanese Vocalise
   映画「愛の予感」(1982年)より"ヴォカリーズ"

8.Story Teller
   映画「鹿の王」(1969年)より

9.Actress of Circus
   映画「時代遅れのコメディー」(1979年)より

10.持つもの持たざるもの
   映画「運命の皮肉」(1975年)より

11.竹に雪、絹に露
   映画「エクヴァートル号の乗客」(1968年)より

12.1000のキャンドル
   映画「オリガ・セルゲーエヴナ」(1975年)より


 ●ミカエル・タリヴェルディエフ

ミカエル・タリヴェルディエフ1931年8月15日グルジア共和国トビリシ生まれ。ロシア国立グネーシン音楽大学でハチャトリアンの下で学ぶ。1957年卒業するとすぐに Zara Dolukhanovaのためのいくつかの歌曲を作曲する。間もなく映画音楽の作曲を始め、後に映画音楽の作曲家としてロシア中の人々に知られるようになった。彼が手がけた132の映画作品のうちでも「春の17の瞬間」(1973年)、「運命の皮肉」(1975年)は、特に有名である。また、彼の活動は映画音楽だけでなく、ポップスも含む多くの歌曲、4つのバレエ、4つのオペラ、ヴァイオリンコンチェルト、パイプオルガンの為の「交響曲チェルノブイリ」を作曲した。
アメリカ音楽アカデミー(1975年)、ソ連邦国家賞(1977年)など内外の多数の賞を受賞し、1986年には、ロシア国民芸術家の称号を授与。 1996年7月25日ソチにて没。没後10年余たった現在でも、彼の作ったロマンティクな音楽は、ロシアの人々に愛されている。現在でもTVでの特集番組やコンサートが催され、若い世代のロシア人にもそのメロディーは良く知られている。

- | - | -

スポンサーサイト

- | - | -